ハローワーク面接までの流れ

ハローワークと内職求人サイトを比較 > 管理人BLOG > ハローワーク面接までの流れ

ハローワーク面接までの流れ

利用者自身で印刷する求人票には会社の連絡先が記載されているが、利用者が会社に直接電話しても「ハローワークを通して欲しい」と、面接を断られる場合がある。

従って、面接を希望する場合は次の手順を踏む必要がある。 1.初めて来所した場合、求職申込書に必要事項を記入して窓口に提出する。 2.これが済むとハローワークカードが発行される。 3.求人検索用のパソコンで求人を検索し、気に入った求人があれば求人票を印刷する。 4.その求人票と、ハローワークカードを窓口に提出する。 5.職員が会社に電話をし、面接の予約をする。 6.ハローワークカードと求人票が返却され、紹介状が発行される。 7.履歴書・職務経歴書・顔写真などの応募書類に紹介状を添えて、面接先が指定する住所に送付するか、面接先に持参する。

選考結果は応募者だけでなく、ハローワークにも連絡することになっている。 採用の場合は決められた日から出勤し、あいにく不採用の場合は採用されるまで3〜7を繰り返す。

近年は大半の企業で採用予定人数に対する求人応募数が殺到するため、「履歴書・職務経歴書・そして紹介状を送付」という、これまでは最初の面接の時に持参をしていた書類一式をあらかじめ先に郵送をする、いわゆる"書類選考"が行われ、多数の応募者の中から本当に面接を行うべき人材かを企業側で"ふるいにかけ"厳選するということにより、面接まで進める応募者を絞り込む(もちろん、送付する書類や、そもそもこういった最近の選考方法が、この記述内容の全てという訳ではない)。

ちなみに不採用者への伝達方法と書類の取扱いは企業側でまちまちであるが、不採用者には応募書類そのものを不採用の旨の文書を添えて返却送付される場合が大半だが、その応募書類返却を割愛する(その場合企業側は概ね「当社側責任廃棄」と記入される)場合は、不採用の旨を電話で伝えるか、応募書類返却に代わる不採用の旨の文章のみを郵送される(各企業の検索した求人票の備考覧などにその不採用時の取扱い方法が記載される)


ハローワーク面接までの流れ関連ページ

最近の訪問販売
最近、家にいることが多くなったせいか、訪問販売 に来られる方にお会いする機会が増...
チラシのポスティングのアルバイトの疑問
例えば1枚7円の出来高制と、時間給800円のアルバイトだったらどちらの方が効率が...
ハローワーク面接までの流れ
利用者自身で印刷する求人票には会社の連絡先が記載されているが、利用者が会社に直接...
ハローワークや内職について
現在(公共職業安定所)のハローワークでは内職募集してない模様です。</FO...
在宅で簡単お小遣い稼ぎ
小さい子供がいたり、家庭の事情や体にハンデを持つ者にとっては 時間の融通が利かず...
お小遣い稼ぎが楽しいです。
はじめまして。お小遣い稼ぎが楽しいです。 すっかり私もお小遣い稼ぎの楽しさを味わ...
内職をがんばる、在宅ワークママです。
数ある内職紹介サイトのなかから、私のサイトにご訪問ください ましてありがとうござ...
内職ワークなどはよく吟味して選んで。
もう20年ほど前の話ですが、私は出産直後在宅ワークを考えていた時期があります。 ...